5レンジャーと仮面ライダー

11月9日 対照言語学・社会言語学1

 

のんです。

いろいろな国・土地で話されている言葉を分類することで、

何が似ているのか、何が違うのかを研究するのが

「対照言語学」だそうです。

 

例えばポルトガル語とスペイン語は関西弁と標準語のような

関係なんだって。

ポルトガルがスペイン領だったら、「スペイン語ポルトガル方言」

として、ポルトガル語とスペイン語でコミュニケーションを

取ることができるそうです。

 

さて、タイトルの5レンジャーと仮面ライダー、気になるでしょ?

対照言語学の分野に、「言語類型論」があります。

いろんな言語を「型(タイプ)」に分けるものです。

グループ分けにはいくつか方法があるんだけれど、

「形態的分類」が、今日のタイトルになりました。

 

①膠着語(こうちゃくご)・・・5レンジャー。合体する。

文法的な接辞をくっつける

例)日本語、朝鮮韓国語、モンゴル語、ウイグル語、トルコ語

②屈折語(くっせつご)・・・仮面ライダー。変身する。

語そのものが変化する

例)ラテン語、ギリシャ語、アラビア語、(英語?)

③孤立語(こりつご)・・・変化しない

語順が重要。変化しない。

例)中国語、チベット語、タイ語、ベトナム語

 

(英語?)を見てわかるように、形態的分類ではハッキリ分類できません。

だって、英語は動詞にedをつけると過去形になるものがあるでしょ?これは5レンジャーみたい

でも、「食べる」はeat-ate-eaten これは仮面ライダーみたい

 

今日はC+ってところでしょう。

 

I Love you, non.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です