神宮

ひろさんです。

 

のんさんのブログ、トン、トンと2つ来ましたね。

 

のんさんはちゃんと日本語教師の勉強をしているのですね。

素晴らしいです。

 

ひろさんは、受験用に1か月間で速習をしましたので、のんさんのブログに

「なるほど~」です。

 

たとえば常用漢字と言えばひろさんが頭に浮かぶのは、

「1945」「2010」「2136」「都道府県名がすべて入った」、

「国語国字問題」「パソコンの普及」だけです。

 

これは、「1945文字」だたっが「2010」年に「2136」文字になった。

これによって現在使われている「都道府県名」はすべて入った。

パソコンの普及によって「読めるけど書けない」漢字を認めてもOKという

不雰囲気になっているのが拡大の理由の一つ。

日本には「国語国字」に定めや範囲について「問題」がある。

それに対する回答の一が常用漢字表の作成である。

 

ね。面白くないでしょ。いかにもテスト対策という感じでしょう。

のんさんの知識みたいに、意味的な位置づけに乏しいので、

面白くないですし、長期記憶になりにくいです。

なんせ、時間がなかったので問題集から入りましたので。

 

のんさんのブログに対する学習評価としては、

5レンジャーと仮面ライダーは「B」ですね。

「程」は「A」ですね。えらい! よくできました。

 

ひろんさんは伊勢の神宮に行ってきました。

宗教心はあまりないのですが日本文化として伊勢の「神宮」くらいは見ておかないと

他国の人に対して日本のお話が出来ませんので。

 

仏教の寺院は「荘厳」と言う感じがします。

神道は「静謐」と言う感じがします。

 

双方とも魂のどこかに働きかける何かがある気がします。

カナダに行ったときに多くのキリスト教の教会をも訪問しました。

それらにも共通の何かがある気がしました。

 

魂の「どこか」は、「おそれ」ではないかと思います。

「おそれ」を引き起こすのは、「大きさ」が要素の一つになっていると

思います。

 

でも今回行った伊勢の神宮も、以前行った出雲大社も

「ほっこり」感があってとても良いですね。

「国譲り神話」の当事者の神様たちです。おおらかなのです。

 

by Hiro

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です