【KAIZEN17】「例題1」を示します

「例題1」を示します

【例題1】

鈴木さんは現在55歳の会社員です。とある中堅企業の第3営業部の部長さんで3年前に部長になりました。鈴木さんは大阪に単身赴任をしていて単身赴任歴11年目です。ご家族は名古屋に住んでいます。

鈴木さんが働いている会社には大口顧客が4社あり、その4社で全社売上の80%です。4社の売上比率はほぼ均等です。この大口企業との取引にヒビが入れば会社は大きなダメージを受けます。しかし逆に言えば、これらの4社との取引がうまくいっている限りは安泰と言うことができます。鈴木さんはこのうちの1社であるB社の営業責任者です。もうB社を担当してから20年以上が経ち、現在鈴木さんがほぼ毎日のようにお話したりお会いしたりしているA社の課長、部長や役員さんも20年前から知っている人達ばかりです。お互いに気心も知れており、良くゴルフに行ったり食事に行ったりもします。

また鈴木さんは部下の教育に熱心です。土曜日を利用しての勉強会も最低毎月1回は開催します。勉強会の後はみんなで食事会をします。宴席での座持ちの良さは営業マンにとっての武器の一つであると思っているからです。

以上の社外社内のこともあって、鈴木鈴木さんは週に4回程は飲みに行っています。次の日があるので22時までには帰るようにしています。

頻繁な外食の影響もあるのでしょう。身長は170㎝あるのですが、体重は何と85kgも有ります。部長になってから急に太ってきた感じです。健康診断では中度肥満と言われていて、いつもお医者さんに叱られます。栄養士さんからも「生活習慣病にもう片足を突っ込んでいるんですよ。このままだと定年まで体が持たないですよ」と叱られます。

鈴木さんも健康には少し気を使って、なるべく歩くようにはしています。昨年からウォーキングも始めました。21時くらいまでに帰ってきた日には頑張って2km~3kmくらいは歩いています。運動はこのほかは月に2回くらい行くゴルフだけです。でもこのゴルフが健康にいいかと言うと「?」が付きます。単身赴任ですのでゴルフに行った単身赴任仲間と飲みに行くことが恒例になっているからです。

鈴木さんは「どっちにしても食事はするんだよ。それに家で食べても、好きなものしか食べないし、お酒の肴しか買わないし、自宅で食事をしても表に飲みに行ってもおんなじだから」と言っていてこの習慣を改める気配は全くありません。

こんなメタボ真っただ中の鈴木さんでもせめて少しは痩せたいとはいつも考えてはいます。今日の仕事帰りに愛読しているゴルフ雑誌を買うために立ち寄った本屋で「問題解決」の本を買いました。HKMの本です。「お気楽ホイホイ」というタイトルと表紙に描いてあった絵がなんとなく自分に似ているところに惹かれました。

これで自分の肥満の問題を解決できるかもしれないという淡い期待をもって帰路につきました。コンビニで、チャーハンおにぎり2つ、ポテトチップ一袋、鶏のから揚げ2パック、ビール500mml缶×3本と赤ワインハーフボトル1本を買いました。

つづく

【KAIZEN17】「例題1」を示します” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です