The business of vision will make good in the end.

おはよう。ひろさんです。

 

いきなり、英語?

 

英語は得意ではないですけど、閃いたんです。

 

昨日で、HKMを中心とした教育によって、既存の外国人技能実習制度というシステムを

「再構造化する新しいビジネスモデル」を考案する仕事は終わりました。

残っているのは、「如何に売るか」と言うプロモーションだけです。

 

肝心のHKMの執筆の遅れに心が急いて、「とにかく切りを付けたい」と言う思いで

ニュービジネスモデルの考案は、形を付けて、打ち切ったという感じでした。

 

朝、テーマの文章を見つけて、閃いたんです。

 

確信したんです。

 

ひろさんのビジネスモデルは、ソリューションから始めたものではありません。

ニーズ、需要の存在から出発しています。

 

世の中は、コンテキストでノンリニアです。世の中はシステムでできています。

ひろさんのビジネスモデルはシステムを確認を十分にしています。

 

・・・・of vision とは、「先見の明を持つ」と言う意味だそうです。

in the end  は「最後には」と言う意味です。

 

ひろさんのニュービジネスモデルは、絶対に成功します。

 

如何に、執念をもって売るか!です。

 

研究員のみなさん。研究員候補のみなさん。

 

研究、よろしくお願いします。 by Hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です