万葉仮名

12月5日 歴史と文字表記4

 

昼間からこんにちは。のんです。

仕事中のお昼休憩時間がもったいないことに気が付いて、

チャレンジ中。

本を読もうにも勉強しようにも、流れるテレビでなんだか気が

散るのです。ブログなら、フンフン♪書けるかもしれない。

 

皆さんは自分の名前の漢字を、電話でどう説明しますか?

のんさんは名前に「乃」が入っています。

いつも説明に困るのです。

「乃木希典の乃」と言うと、大体ポカーン、です。

え、知らないの?乃木大将。さては世界史専攻だったな。

最近は「乃木坂の乃」と言います。これは8割通じます。

これで通じない場合は大変。

「カタカナの乃を書いて階段みたいなやつを書く、あの「の」です」と言います。

こう説明して、郵便物がひらがなの「の」で届いたことがあります。

 

今日の授業では、「真仮名(まがな)※万葉仮名とも」の勉強をしました。

カタカナ、ひらがなは、真仮名と言って、音を日本語の50音にあてたものです。

落書きの「夜露死苦」は、真仮名風な使い方ですね。

 

さて、のんさんの名前の「乃」は、カタカナの「ノ」ひらがなの「の」

のもととなった真名(万葉仮名)の「乃」です。

これからは、日本語教師見習いとして「万葉仮名の乃です」と言ってみようかな。

 

「万葉仮名の乃」の後にやっぱり「乃木坂の乃」と言い直しを

しなければならなくなりそうな気がする

本日の自己評価はA

 

I Love you, non

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です