聴ける人が誰もいない。

ひろさんです。

 

ひろさんは昔、そう中学生の頃、自転車を持っていました。

「シャイン・スター」と言う名前の自転車です。

 

シャイン・スターと言う名前は、ひろさんの持っていた自転車個体の

名前ではなく、メーカーが名付けた車体自体の名前です。

昔は自転車のテレビコマーシャルが頻繁に放映されていました。

 

メーカーは、あのブリジストンです。

シャイン・スターは、ドロップハンドル、10段変速のスポーツ車で、

最大の特色は、「オーバル・ギア」でした。

オーバル・ギアの“オーバル”とは「楕円形」と言う事でした。

自転車のペダル側のギアが楕円形でした。

これによって効率的に踏力を伝えることができる、との宣伝文句でした。

本当かどうかは文系の私には判りませんが、当時は納得していました。

 

でも、そのシャインスターが、何処に行ってしまったのかの記憶がありません。

壊れてしまったのか、盗られたのか。

色々考えてみるのですが、一切思い出せません。

 

中3の夏休みに、樋口君と言う友達と、早朝に待ち合わせて自転車で

出かけた記憶が最後です。

近所にいっぱい自転車が廃棄or放置されていた場所があって、

そこに部品を採りに行ったのです。

樋口君は3分ほど遅れてきました。

 

これほど憶えているのに、その後の記憶がありません。

高1の時には一切シャインスターには乗った記憶はないです。

夏から次の春までの9カ月間で、シャインスターはどこかに行きました。

 

誰にも訊くことができません。

シャインスターの顛末。

 

by Hiro

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

し・ず・か

次の記事

ドミミミドドド