本当はお作り(お刺身)好きでは無いと思うんですよ。

ヒロさんです。

やっと雨が上がりました。

ヒロさんは、外出さえしなけば、雨の日は特別にきらいでありません。

でも今回の雨は、いいかがんにしろ~!と言うくらい毎日毎日降りました。

雨の日の曲で好きなものがあります。

☆シェルブールの雨傘。

♪ふふ、ふふ、ふふ、ふふ、ふふ、ふふ、ふふん~♪(伝わりませんよね~)笑。

☆森山良子:さようならの世界。

雨、オレンジ色喫茶店。雨、限りなく優しい~。

☆ユーミン:瞳を閉じて

雨がやんだらー、沖まで船をだそう~。

☆徳山英明:レニーブルー

レニーブルーもう~、終わったはずなのに~。

でも、雨の日の曲が好きって、ヒロさんが結構幸せだからかもしれません。

本当にどうしようもないくらいレニーブルーだったら、雨の日は嫌いかも知れませんね。

☆因みに、自分で言っておいて何なんですが「レニーブルー」って本当は、どんな意味なんでしょうか?

私は、なんか、雨の日の憂鬱、みたいな、暗い雨の日、みたいな感じで使ったんですけど。

 

ヒロさんはお刺身(お作り)が自分では好きだと思っていたんですが、

ワサビをかなり効かせた(チューブのワサビならば最低4センチ必要)わさび醤油でないと食べれません。

サビ抜きの醤油では絶対食べません。そう考えると、ヒロさんは、刺身(お作り)は好きでないんですよね。

お酒の肴として”好きだ”と思っていたのですが、ビールでは絶対にたべません。

最低で日本酒くらいのアルコール度数のお酒じゃないと食べません。

なんでかと言うと、生臭いから!です。

多分、好きだ、と思っていたのは、そのままじゃ生臭いので好きではないお刺身(お作り)が、

お酒となら生臭くないので食べることができる!

と言うように不可能が「可能」に変わったギャップを、「

好き」と勘違いしているのかも知れません。

この3年くらい、疑ってはいたのですが最近確信に代わりかけています。

もしかして、雨の日の曲にも同じことが言えるかもしれませんね by Hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です