ドミミミドドド

ひろさんです。

 

チャレンジ開始しました。

日本語教育能力検定受験勉強を開始しました。

9月の28日から。

10月28日が試験日です。

1か月で合格するのか?

 

頑張ります!としか言えません。

昨日は合格するような気がしていたのですが、

本日は少し落ち込んでいます。

 

でも楽しいです。

脳が活性化します。

夢に見ます。

朝と言うか早朝と言うか、一度トイレに起きてしまったら

もぅ、眠れません。

 

聴解試験という内容もあります。

日本語学習者の発音を聞いて、何が間違った発音(誤用と言います)

になっているのかを指摘するモンダイです。

 

例えば、

①奈良県⇒なだ県

①受験⇒ずけん

③椿⇒ちゅばき

とかの原因は何かを、10秒くらいで分析しなければなりません。

また、話している語の、アクセントを判断するような問題もあります。

 

そんなことは今まで意識したことが無かったので、

大変新鮮です。

日本語のアクセントは、英語の「強弱アクセント」に対して、

「高低アクセント」なのです。

 

音が決まっている訳ではありません。前の音に対して高いか低いかです。

相対的に決まるのです。

だから普通は「ミ」と「ド」表します。

でも練習問題を聞いていると明らかに「ドとミ」ではない音で

録音している例題があって、笑えます。

 

「オオカミが来た」と言う題名のブログを書きました。

アクセントは「ドミミミドドド」です。たぶん。

でも織田裕二的に言うと「ドミミミド・ミ」かな?笑

 

By Hiro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です