スナイパーの様に。

昨日、ゴルフに行っていて気が付いたことがあるんです。

 

ゴルフの上手い人って、その一打一打への集中度が高いんです。

ショットにしても、パターにしても、「あそこに打ってやろう」と言う

集中度が高いのです。

 

ひろさんの場合、ゴルフにおいては集中度は総じて高くは有りません。

「回数をやっていればその内にうまくなるんじゃない?」程度の意識で

やっていましたし、ショットの時の集中は「上手に打ちたい」「あの辺に落としたい」

程度です。

 

昨日一緒にラウンドした人は、まるでスナイパーの様にパターをしていました。

その人はパターをスナイパーの如く行うのであれば、

きっと、ドライバーも、アイアンもスナイパーのようにショットしているんだろう、

と気が付きました。

 

ひろさんだって、ショットは「うまく打ちたい」って集中しているじゃない?

て思うでしょう。

でもその程度のものは、スナイパーの集中度ではないと思います。

程度、だけの話ではなく、集中する方向も違うと思います。

 

実は以前に、そのスナイパーさんに、聞いた事があるんです。

「〇〇さんって、何時くらいから70台がでるようになったんですか?」って。

〇〇さん曰く、「ショットの球筋を考えるようになってきた時くらいだと思います」。

 

今考えると、あの答えは、集中度と集中の方向性の話だったのでしょうね。

昨日初めて解りました。

 

私も明日から、自分の打ち抜きたいものは何だろう?

どんな状況にするために、どんな経路で打ち抜くべ気なんだろう?

成仏させるには、どの様に打ち抜いたらいいんだろ?

をもう一度考え抜いてみます。  ナムナム by Hiro

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

「関心相関」

次の記事

さあ!スタートだ!