おい、おい。そりゃぁ、だめじゃないんですか!

ひろさんです。

 

”さくらのまなび大阪ラボ”がある団地は公園の中にあるようなものなので

セミが沢山います。

ミンミン、ガシガシと一生懸命鳴いています。

 

ひろさんの部屋のベランダの横にも気が2本あって、ミンミンやっています。

でもヒロさんはうるさいとは思っていません。

何故か。セミは3年間も土の中に居て、成虫になって、

僅か1週間で、その一生を終えるからです。

一生懸命、夏を謳歌する如く自分の天命を全うするのです。

 

みなさんも、ひろさんと一緒で、セミに対して好意的でしょ?

ひろさんと同じ理由で。

 

でもね、違うんです。

セミは、昆虫の中では大変長寿な存在なんですって。

幼虫期で3年から15年。

成虫になって、ミンミンできるようになってから、なんと!

「1ヵ月~3カ月」生きるんですって。

 

責任者出てこい!(笑)

3か月なんてきいてないよ~。

 

「セミの一生は1週間」って信じ切って、死んでいった日本人はどうするんだよ。

多分、よくわからないけども、10億人や20億人ではないのではないんですかぁ?

その人達に対する責任は誰が採るんでしょう?(泣)

 

先生たちも、大人たちも、「セミの一生一週間説」にかこつけて、子供たちに

訓話を垂れていたのに。

 

大体、セミの一生一週間説」が正しいとしても、この話は、

”セミの「幼虫時代」が無意味で、苦しい事を前提としている”

んですよ。だれが検証したんだよ~(泣)

 

おいおい、そりゃないよ。

だめじゃないですかぁ?  by Hiro

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です