【KAIZEN40 】「9.改善策の実行」

HKM講義

『9.改善策の実行』です。

このステップは、前ステップで考えた改善策を実行するステップです。

ヒロ:スケジュールを指標好転行動ごとに作ってください。そしてそのスケジュールを実行してください。

スケジュールを作る場合に必要な項目は以下の通りです。
①指標好転行動名
②指標好転行動を実行するための具体的なアクション
③具体的なアクションの順番と時期
④担当者

マイ:具体アクションについては以下の通り考えました。
①読書回数については「繰り返し読む」。
目標回数の設定(3回) ⇒ 読書可能時間の確認 ⇒ 読書
②例題の練習数については「例題を繰り返しやる」
目標回数の設定(3回) ⇒ 勉強時間の確保 ⇒ 演習

③実際問題のトライ数については、
「自分のプチ問題でHKMをやってみる」
問題の書きだし ⇒ TRY目標策定(2題) ⇒問題の選出 ⇒
勉強時間の確保 ⇒ HKM開始
④問題重要性の整理については、
自分の持っている問題を整理して、どんな問題が、どのくらいあり、解決の必要性や緊急度を一覧表にして評価してみる。
問題の書きだし ⇒ 一覧作成 ⇒ 評価
つづく

By Hiro

【KAIZEN40 】「9.改善策の実行」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です