「英語を話せる」それって、どれくらい?

12月3日 中上級の教室活動1

 

12月から週3日の授業になりました。のんです。

Queenを聴いてロックな気分でサントリーの角をロックで呑んでます。

 

さて、初級クラスの教室活動をすっ飛ばして中上級の教室活動

の授業が始まりました。

初級クラスと中上級クラスでは、授業の作り方が全然違うから

問題ありません。

 

皆さんは英語を話せますか?

「全然話せない」と言いますか?ホントに?自己紹介くらいできるでしょ?

「話せるよ」と言いますか?ホントに?朝礼のスピーチを英語でできますか?

 

外国語のレベルには、基準があります。例えば、

ヨーロッパ共通参照枠:「CEFR(カタカナ読みで「セファール」と読みます)」

初心者レベルから順に A1→A2→B1→B2→C1→C2です。

各レベルごと、「○○ができる」という行動目標があります。

 

一部抜粋します。

C2:いろいろな話しことばや書き言葉から得た情報をまとめ、根拠も論点も

一貫した方法で再構成できる

C1:言葉を探しているという印象を与えずに、流ちょうに

また自然に自己表現ができる

B2:自分の専門分野の技術的な議論も含めて、抽象的かつ具体的な話題の

複雑なテクストの主要な内容が理解できる

B1:仕事、学校、娯楽で普段出会うような身近な話題について、標準的な

話し方であれば主要点を理解できる

A2:ごく基本的な個人情報や家族情報、買い物、近所、仕事など、

直接関係がある領域に関するよく使われる文や表現が理解できる

A1:具体的な欲求を満足させるための、よく使われる日常的表現と

基本的な言い回しは理解し、用いることもできる

 

私の日本語はC2かしら。

英語は背伸びしてB1というところでしょうか。

ドイツ語、ベトナム語はA1を目指そうというかんじ。

 

のんさんの友達には語学マニア(とここでは呼びます)がいますが、

私が彼女の語学レベルを評価するとすれば(想像も入ります)

日本語C2、英語C2、フィンランド語A2、ドイツ語B2

 

「TOEIC○○点」では英語で何ができるかよくわからないので、

CEFRを基準にしませんか?

TOEICや英検は、英語で何ができるかを表すものじゃないんですね。

だから「勉強しなくていい」ってことではなく、「TOEICをツールとして

B1を目指しましょうね~」と言うことですよ。

 

本日の評価はB+です。

 

I Love you, non

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です