さくらのまなび”のご紹介

さくらのまなび は2つの活動を行う団体です。
1つは、HKMの普及です。

HKMと言うのは「Hiro KAIZEN Method (ヒロ カイゼン メソッド)」の略で、修得率と現場での実施力が極めて高い「業務改善スキル」です。

会社で業務改善活動を行いたいとお考えの企業様QCを始めてみたが上手くいかないと悩んでいる企業様を中心にお勧めをしています。

2つめは、ベトナム人技能実習生の教育です。

業務改善スキルであるHKMの修得を中心とした技能実習生人化教育を行います。

さくらのまなびの教育は、技能実習生導入実務と業務改善指導実務に裏付けられた独自のプログラムです。

 

◆この活動を行う目的も2つ有ります。
1つ目は、「従業員の成長」➡「企業の成長」➡「日本の競争力の成長」という流れを作ることです

さくらのまなびは、一般社団法人です。さくらのまなびの活動内容は「技芸の伝授・教育支援」です。ですので、さくらのまなびを作るときに株式会社ではなく非営利法人の一般社団法人がいいと考えました。

人の成長を企業の成長に、企業の成長を社会の成長、国の成長につなげるお手伝いができれば幸せです。

2つ目は、ベトナム人技能実習生の経営資源としての価値を高め御社の競争優位を確保することです。

国を超えて出会えた実習生です。「効率の悪い労働力」として放置してはもったいないです。実習生を笑顔にして自社成長の原動力になってもらいましょう。

 

◆さくらのまなびのお客様

以下のお客様にとって本サイトは有用なサイトです。

⓵自社業績の成長のために業務改善活動を社内で行いたいとお考えの企業様

②実習生等の採用を機に自社の業績を改善、向上させたいと考えている企業様

③技能実習の導入をお考えの方や、現に雇用した実習生トラブルに困っている企業様

本サイトは外国人技能実習生への教育を中心にお話をさせていただいていますが、さくら教育は外国人の方に限定した教育ではありません。

当然ですが、日本人の教育にも極めて有効な業務改善教育です。日本人従業員への業務改善教育をお考えの企業の方も是非おこしください。

 

さくらのまなび教育の目的

“さくらのまなび”の教育は、経営資源である技能実習生や自社従業員に対するVRIO(ブリオ)化教育によって「企業の競争優位」を確保することを目的としていまです。

VRIOと言うのは、企業の持っている経営資源が持つべき特徴です。

企業の持つ経営資源が、「経済的価値があり」「持っている企業が少なく」「他社が真似をしようとした場合にはたくさんの時間とお金が必要であり」そして「それを活かせる企業環境がある」ことを言います。

企業が持っている経営資源がVRIOであれば、その企業は競争優位を確保できるのです。

HKMは技能実習生向けの教育である「さくら教育システム」の中心になるものです。

しかしHKMはベトナム人技能実習生に特化したメソッドではありません。

HKMは、これから自分の力で人生を切り開いていく学生さんや若いビジネスパーソンに向けて提案した問題解決スキルです。

しかし、外国人技能実習生がHKMを学ぶ場合には特別に“おおきなまなび”になる事をわたしたちは経験として知っています。

実習生の大きいな成長は御社の大きな成長につながり、企業の成長は国の成長につながります。

学びとは「できなかったことができるようになり、それを使って新しい世界を切り開く」事です。技能実習生となって外国で夢を実現する」という勇気ある行動をおこそう、又はおこしたベトナム人技能実習生はまさに“まなび”の体現者です。

さくらなおまなび”はベトナム人技能実習生と御社にエールを送る団体です。