外国人特定1号「活躍」教育・研修

 

お勧めをしているお客様

 特定技能一号労働者を現に雇用をしている企業の皆様

期待できる効果

①御社のセルフディフェンスの実現
②ベトナム人労働者のモラルとモラール(やる気)を維持拡大
③ベトナム人労働者の人財化の実現
④日本人従業員の業務改善スキルの修得

教育内容

HKM(ヒロkaizenメソッド)を中心とする従業員VRIO化教育

*経営資源が持つべき性質で V:価値があり R:もってる企業が少ない I:入手するには多くの時間やお金が必要 O:それを活かす組織がある、こと。

導入お勧めの理由

2019年4月1日から「労働力不足問題に対処する」事を直接の目的として外国人労働者の受け入れが開始されました。「特定技能1号」と言う在留・就労資格の追加です。

この在留就労資格の期間は5年間であり、彼らを戦力にすれば御社の業務の安定に大きく貢献することになる事が期待できます。但し、彼らがモラルとモラールを維持してくれることが前提とします。

外国人の中にもモラルとモラールが高い人たちもいますし逆の人もいる事は日本人と同じです。しかしもともとモラルとモラールが高い御社にとっては有用な人材がいつしかトラブルメーカーになる可能性が日本人に比べて格段にたかいのです。外国人と日本人では違うことが沢山あります。優秀かどうかという話ではありません。この違いが様々な軋轢を職場に発生させ、外国人をトラブルメーカーにしてしまうのです。

「違い」と言うと、真っ先に思いつくものが「宗教と宗教の戒律」ですね。しかし、この点に関しては雇用に当たって事前に相互了解をしていると多くの点は解消されることになりますし、御社が契約している登録支援機関も協力してくれることと思います。わたしのつたない経験からも宗教関係のトラブルは聞きません。

やはり軋轢をもたらせる原因となる「違い」としては

文化の違い、日本語の技能、5年後には帰国すると言う限定された背景、就学経験長短、労働者と会社の関係は対等な当事者間の純粋な雇用契約であるため実習生とは比べ物にならない弱い支援制度、本国の家族に送金をする必要があるために最低限度の生活等です。

特定技能1号は2019年4月1日スタートです。まだ何にも起こってはいません。しかし何が起こってくるかは十分に想像できます。理由は2つです。

①理由1

特定技能1号を受入れる仕組みは、法の規制等すべて技能実習生制度のシステムです。法の条文、運営要綱等すべて技能実習制度の「超」一卵性双生児です。

②理由2

実習制度は形式的であっても保つべき「国際貢献事業」と言う国と国との関係が表立って存在していますが特定技能1号は「純粋な契約当事者」の関係が基本です。つまり個人責任が基本であり、外国人労働者と言う事実があるので「少しだけ特別な取り扱いをする」というだけです。ここには技能実習制度に存在する「ルールと保護」は存在しないのです。

この2つの理由はから導かれる結果は

 

①保護があってルールがあった技能実習生で発生していた問題は確実に発生する。

②そしてそれ以上の問題も発生してくるのは火を見るよりも明らかである。

 

と言うことです。

事業の継続をするためには外国人労働者を雇用する必要があり、外国人労働者を雇う場合には技能実習生以上のリスクを覚悟する必要があります。まさに「未充足求人企業のジレンマ」です。

外国人労働者を雇用しないと「事業が継続できない」と言うのは「目の前にある現実」であり「外国人労働者が会社のリスクになる」と言うことは「将来の不安」です。御社の選択肢は「外国人を雇用する」しかありません。

しかし、その場合には企業はセルフディフェンスをする必要があります。「将来の不安」を「見ないよう」にしても不安を発生させているリスクが無くなりません。逆に見ないふりをしている間にリスクは大きくなり手遅れになってきます。したがって外国人雇用とセルフディフェンスは「セット購入」商品なのです

それではセルフディフェンスをするためにはどうすればよいでしょうか。

それは彼らの関心を実現してあげる事です。

彼等彼女らが描く最良のシナリオは技能実習生とほぼ同じと考えて良いと思います。それは「日本でいっぱい稼いで、日本語を覚えて本国に帰って日系企業に責任者として就職して他の人の2倍3倍の賃金を貰う」と言うものです。

しかし「いっぱい稼がすために」賃金をアップするにしてもそう単純ことではありません。実習生だけ、特定1号労働者だけの賃金を上げることはできません。実習生の賃金を上げたならば他のパートさんの賃金を上げなければ今度はパートさんの離職をまねいてしまします。しかし全員の賃金を上げてしまうと利益が出ないことになりってしまいます。

そうすると御社に残っているのは「本国に帰って日系企業に責任者として雇ってもらって他の人の2倍3倍の賃金を貰う」の実現に協力すると言う選択肢だけです。

実習生の場合においては実習生が描く最良のストーリーとは裏腹に、多くの場合には本国に帰っても他の技能実習に行かなかった人と同じ仕事をして同じ給料をもらうことになります。

当然です。日本で覚えたものは実習生以下の単純作業です。日本語はもともと入国時点で実習生よりの上ですので「日常会話」は上達する思われます。しかし彼らにできる会話は日常会話であり「責任者としての内容と語彙を使う」会話ではありません。

従って特定技能1号として来日した外国人においても同様彼らのシナリオは実現することはできません。。

とすると外国人労働者が描く最良のストーリー実現に貢献できる「勉強や研修」を提供することは彼らにとって大きなインセンティブになってきます。つまり勉強会や研修会の提供は彼等がモラルとモラールを維持向上させる有用な手段となってきます。

当社団の教育は従業員を「人材」から「人財」にするための教育です。従業員のみなさんを人財に育ててその従業員が所属する企業の競争優位を実現する事を目的にした研修・教育です。企業にとって自社の競争優位を実現してくれる従業員ならば責任者に取り立てられるのは当然の成り行きです。

当社団の教育を受けた実習生は帰国後日系企業で責任者のポストを手に入れる可能性が大変大きくなります。そしてそれは実習生にとって大きなインセンティブになる事は間違いありません。

彼等の関心に沿った勉強会や研修会等の提供は彼らの満足感を生み、そしてそれはSNSを通じて拡散されます。

研修は多くの価値を生みます。

ぜひとも研修導入をご検討ください。

 

なお、“さくらのまなび“の教育は少し特殊であるため誰でもが講師やファシリテーターとして教育に当たれるわけではありません。その関係で研修や勉強会をお受けできるのは1週間に2社のみとなっています。お待ちいただくケースが発生する場合があると思われます。申し訳ありませんがご了承願います。