目を皿のようにして見るのですよ。

ひろさんです。

 

のんさんのブログ読みました。

のんさんは、松島を観て、秋田を観て、弘前も見たそうです。

メタ化すると「外を観る」ですね。

 

ひろさんは今自分の頭の中を観、心の中も観ています。

メタ化すると「内を観る」ですね。

 

外を観るならば、目を皿の様にして一心不乱にみることが大事です。

内を観るならば、自分の無意識も観てやることが大事です。省察と言います。

 

どちらも人生においてはとても大切ですね。

それぞれ時期があります。

のんさんは今、外を観る時期なのでしょう。

ひろさんは今、内を観る時期なのです。

 

これって似ていませんか?

「が」と「は」の助詞の使い分けの1つに。

 

「が」は「新情報」の場合に使い、

「旧情報」伝える時には「は」を使うんですって。

 

昔むかしあることろにおじいさんとおばあさん「が」いました。

おじいさん「は」山に芝刈りに、おばあさん「は」川に洗濯に

行きました。みたいに。

 

のんさんは今きっと、「新しい世界」を一生懸命に観て、

自分の世界を広くする時期にあるのではないでしょうか。

 

ひろさんは自分の深さを深める時期にあるのかもしれませんね。

ウエイトコントロールしている時期であることは確かなんですが。

By Hiro

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です