【KAIZEN35】「1.がんばれ問題の明確化」

HKM講義

ヒロ: マイさんこんにちは。マイさんはこの本の「例題1」をもうすでに終了しているとの事ですので、どんどんHKMを進めて行きましょう。

レポート用紙と色鉛筆を用意してください。

マイ:はい。用意しました。よろしくお願いします。

ヒロ:では最初は『1.がんばれ!問題の明確化』です。

問題の明確化は、「問題の内容を明確にするステップです。」

ヒロ:「問題」と思っている事をまずレポート用紙に書いてください(指定行為1)。

なるべく大きく、丁寧な文字で書いてください。

マイ:書きました。私の問題は「問題解決の達人になりたい」です。

 

ヒロ:どの様な事態や状況が問題なのですか?(質問①)

マイ:「問題の解決スキルが無いので、問題解決スキルを手に入れて、モンダが発生したら確実に、効率良く、安定的に問題解決をしたいと言う状況です」

 

ヒロ:何故「問題解決の達人になりたい」ことが問題なのですか?(質問②)

マイ:人生は問題と問題解決でできているからです。

 

ヒロ:問題はいつ発生しましたか?(質問③)

マイ:本屋さんでこの本を発見した時です。

 

ヒロ:それ以前には発生していない問題ですか?(質問④)

マイ: 発生はしていましたが気が付きませんでした。

 

ヒロ:誰にとっての問題ですか?(質問⑤)

マイ:わたしにとっての問題です。

 

ヒロ:「問題があると」どのような不都合がありますか?(質問⑥)

マイ:人生を損してしまいます。

 

ヒロ:「今『問題』についていろいろ考えた事を考え併せて、もう一度マイさんの『問題』を考えて紙に書いてください。一度目の定義のままでも良いですし、変更しても構いません」(指定行為②)

 

マイ:「上手に問題解決ができない」です。

 

ヒロ:「問題が解決すると」どのような良いことがありますか?(質問⑦)

マイ:お得な人生を手に入れることができます。

 

ヒロ:問題を解決するためには何をすればよいと思いますか?(質問⑧)

マイ:問題解決スキルの修得。HKMの練習です。

つづく

By Hiro

【KAIZEN35】「1.がんばれ問題の明確化」” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です